株式会社クリフィックスFAS

サービス service

バリュエーション

株式価値・事業価値評価

買収、再編検討において必要な株式価値・事業価値評価を行います。予備的なシミュレーション、評価に対する助言、評価報告書の作成まで、案件の状況とニーズに応じた支援を行います。

買収、再編等の取引目的の評価だけでなく、会計上必要な非上場株式の公正価値測定、あるいは株式買取価格決定のための株価評価等、さまざまな場面における評価を行います。

会社法上の株式買取価格決定にかかる非訟事件における株価評価、あるいは将来的に非訟事件も考慮した株式買取価格提示にかかる評価、その他訴訟における相手方提示の株価評価書の分析、検討等について、裁判所での評価事例も踏まえ、株価評価の観点からの支援を行います。

予備的価値評価

M&A・事業再編の検討段階において、大まかな価値の把握が必要な場合があります。

シミュレーションベースの評価、あるいは交渉前提とすべき価値の目線確定のための事業価値、株式価値評価を支援します。また、交渉相手方における想定レンジ、交渉価格の上限値、下限値の目処、価格レンジへの影響要因の分析等、状況に応じた支援が可能です。

統合比率算定(合併、株式交換、株式移転比率)

合併等の株式交付による再編で必要な統合比率算定を行います。検討段階における想定レンジの検討から意思決定の参考となる統合比率算定書提示まで段階に応じた支援を行います。

取得価額配分評価(PPA)、無形資産評価

企業結合時には、一定要件を満たす無形資産は識別してのれんと別に計上される必要があります。例えば、ブランド、顧客関係、技術等の対象事業の収益性を支える要因がある場合には、注意を要します。

取得価額配分評価では、無形資産識別にかかる助言、耐用年数の推定、無形資産評価を実施します。また、買収検討段階において、買収による影響を確認するために、予備的な取得価額配分評価を実施することも可能です。

のれん減損テスト

会計上求められる「のれん」減損テストについて、テスト実施要否の判断、準備の段階から、評価まで支援を行います。のれんについて年1回以上の減損テストの実施が求められる国際財務報告基準(IFRS)あるいは米国会計基準にあっては、複数年度において一貫性ある減損テストの実施を支援します。

評価全般に関する助言

企業価値、株式価値あるいは無形資産評価等に関連して、最適なフレームワーク、データ、評価手法等選択、あるいは評価体制構築のために必要な支援を行います。